ニュースのことば9月まとめ

20160915_04

ネッシー
イギリス北部スコットランドのネス湖にいるとされる未確認生物です。1934年、怪獣を撮ったというニュースが広まりました。その後も存在をめぐり、長年論争が続いています。
ネス湖の水でDNA調査をしたニュージーランド・オタゴ大学の研究チームが5日、恐竜を疑わせるものはなかったと発表しました。一方、巨大ウナギだった可能性は否定できないといいます。
世界貿易機関(WTO)
自由な貿易を進めるため、貿易のルールを作ったり、「裁判所」のように国どうしの貿易に関する争いを解決したりしている国際機関です。164の国と地域が加盟しています。
韓国政府は11日、日本政府が7月に、韓国へ半導体の材料などを輸出する際の規制をきびしくしたことは不当だとして、WTOへ提訴したと発表しました。この規制は、韓国の最高裁判所で元徴用工らへの賠償を日本企業に命じる判決が出たことと関係があり、政治的な動機だと主張しています。
イグ・ノーベル賞
気象庁が火山の噴火について注意を呼びかける制度です。全国48の火山で、警戒が必要な範囲と、住民らがとるべき防災対応を、レベル5の「避難」から「避難準備」「入山規制」「火口周辺規制」「活火山であることに留意」までの5段階で示します。
気象庁は、7日午後10時8分に長野県と群馬県にまたがる浅間山の山頂火口で小規模の噴火が発生し、噴火警戒レベルを1から3に引き上げた、と発表しました。専門家は、ごく小さな噴火だったとみています。浅間山の噴火は2015年6月以来です。
英語民間試験
2020年度から始まる大学入学共通テストの英語で活用される民間の試験。英検やTOEFLなど7種類の試験のうち、いずれか2回まで受け、その成績が受験する大学に送られ、合否判定に使われます。
民間試験の活用について朝日新聞と河合塾の共同調査で、回答した大学の約65%、高校は約90%が「問題がある」と答えました。仕組みが複雑なうえ、家計や地域で差が出るといった課題への解決に見通しが立っておらず、教育現場での不安の高まりがうかび上がっています。
HIV
ヒト免疫不全ウイルス。エイズウイルスとも呼ばれます。感染すると、免疫力を低下させ、さまざまな感染症にかかりやすくなり、エイズという病気をおこします。薬の開発が進み、感染しても普通の生活を送れるようになっています。
HIVの感染を伝えなかったことを理由に病院に採用内定を取り消されたのは違法として、30代の男性が病院側を訴えた裁判で、札幌地方裁判所は、男性の訴えを認めました。「他者への危険性はほぼない」とし、伝える義務はないとしました。
強制起訴
検察官が犯罪の疑いのある人を裁判所に訴えることを「起訴」といいます。検察が起訴しなかった事件について、市民からなる検察審査会が「起訴すべきだ」と2度にわたり議決した場合、強制的に裁判にかける制度のことです。市民の感覚を生かそうと、2009年に始まりました。
これまで強制起訴されたのは、今回の東京電力福島第一原子力発電所の事故をはじめ、01年の兵庫県の明石歩道橋事故、05年のJR宝塚線(福知山線)脱線事故など9件あり、このうち2件で有罪が確定しています。
ATM(現金自動出入機)
銀行などでお金を預けたり引き出したりしたい時、窓口で担当の人とやりとりする代わりに、自分で操作できる機械です。
現金を使わないキャッシュレスが広がり、世界中でATMの数や、使う人が減っています。三菱UFJ銀行と三井住友銀行は22日から、駅前や商業施設など約2800拠点のATMを共通で使えるようにしました。近くにある600~700ほどのATMを、今後なくしたりまとめたりする計画です。
国連総会
国際連合の主要機関の一つで、すべての加盟国(現在193か国)からなります。国連本部で毎年9月に開会。各国1票の投票権を持ち、世界の平和や安全などの課題について決議します。
第74回国連総会で24日、加盟国の代表による一般討論演説が始まりました。米国のトランプ大統領は対立するイランを「平和を愛する国々が直面する最大の脅威の一つ」と強調。日本の安倍晋三首相は、両国の対立がおさまるよう取り組む姿勢をアピールしました。
キャッシュレス決済
買い物などをする時、現金を使わずお金を支払うこと。クレジットカードや、Suicaなどの交通系ICカード(電子マネー)、スマートフォンアプリを使ったQRコード決済などがあります。
消費税の税率が上がるのにあわせて、キャッシュレス決済した人にポイントなどで還元する制度が始まります。実質的な負担額が減る仕組みです。経済産業省は26日、制度が始まる10月1日から還元を受けられる店の数が49万8281店になると発表しました。
育児休業(育休)
働く人が、子育てを目的に休みをとること。男女とも原則、子どもが1歳になるまでとれます。男性はとりづらい場合が多く、男女の取得率に大きな差があります。
国家公務員の働き方などを管理する人事院は9月30日、2018年度の男性国家公務員(一般職)の育休の取得率が、前の年度から3.5ポイント増え、21.6%になったと発表しました。制度ができた1992年以降で最高です。取得した人数も1350人で過去最多でした。一方、女性の取得率は99.5%でした。

台風15号が千葉に上陸

強い台風15号が千葉市付近に上陸しました。関東地方を暴風域にまきこみながら北上し、記録的な強風やはげしい雨をもたらしました。配電設備や施設の故障などで千葉県や神奈川県を中心に1都6県で最大94万戸近くが停電しました。

熱帯地方の低緯度で発生する熱帯低気圧のうち、北西太平洋や南シナ海にあり、最大風速が秒速17.2メートル以上のものが台風です。日本列島の近くまで来ると西から東に吹いている強い風(偏西風)に乗り、進路も北東よりにかわります。

台風は太平洋高気圧(小笠原気団)の「ふち」に沿うようにして北上する傾向があります。夏は太平洋高気圧が日本列島をおおうように張り出すことから台風も北上。秋は太平洋高気圧の勢いがなくなり、台風の進路も南下します。

台風の雲はうずまきのような形をしています。中心にむかって強い風が吹きこみ、はげしい上昇気流が生じて垂直方向に積乱雲が発達、大量の雨と強い風をもたらします。上空からみると、地上の近くでは反時計回りに風が吹きこみます(北半球の場合)。このため台風の進路に対して右側は、台風そのものによる風と台風を移動させる風が同じ向きに吹くことから風の勢いが強まります。

今春に実施された入試で、台風を題材にした学校の一つが東京・早稲田実業中等部です。北半球の台風について中心付近の気流の向きなどを問い、さらに台風の進路を予想するとき、気象庁がもちいる「予報円」について説明する文を選択式で答えさせました(正解:台風や暴風域をともなう低気圧の中心が到達すると予想される範囲)。

【朝日小学生新聞2019年9月16日~2019年10月7日掲載】