ニュースのことば6月まとめ

20160915_04

カタール
ペルシャ湾に面する人口約229万人の国。面積は秋田県とほぼ同じです。天然ガスの埋蔵量は世界3位で、日本にとっては液化天然ガス(LNG)の主な輸入相手国です。サウジアラビアやバーレーンなど7か国が5日までに、カタールとの外交関係を断つことを発表しました。カタール政府がサウジやバーレーンで活動する武装組織を支援しているため、などとしています。サウジアラビアなどが敵対するイランや、イスラム過激派をめぐり、考え方のちがいがあるようです。
ホモ・サピエンス
現在地球にいる私たち人類の動物分類学での名前。ラテン語で「知恵ある人」という意味です。ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部で現れたと考えられていました。しかしアフリカ北部のモロッコで、約30万年前のものとみられる初期のホモ・サピエンスの骨を、ドイツの研究チームが発見しました。アフリカ東部だけではなく、アフリカ全土で徐々に進化した可能性があるといいます。
ユネスコエコパーク
自然を守りながら人間社会との共生をめざす世界的なモデル地域。ユネスコ(国連教育科学文化機関)が1976年に始め、去年3月までに120か国669地域が登録されています。文部科学省は14日、エコパークに「祖母・傾・大崩」(大分・宮崎両県)と「みなかみ」(群馬・新潟両県)が新規登録されたと発表しました。国内のエコパークは計9地域になりました。
ニホンライチョウ
国の特別天然記念物。全長約37センチ。長野県や岐阜県などの2千~3千メートル級の山々にいます。1980年代には約3千羽と推定されましたが、今は2千羽以下に減ったとされます。富山市ファミリーパークは18日、人工繁殖でひな2羽=写真=が17日にふ化したと発表しました。人工繁殖の卵のふ化は、19年ぶりといいます。しかし、2羽のうち1羽は21日に死にました。
著作権料
音楽や絵などの作者が、自分がつくったものを無断で使われない権利を「著作権」と呼び、使う場合に支払わなければならない使用料のこと。音楽については、多くの作曲家や作詞家がその権利を日本音楽著作権協会(JASRAC)に預けています。ヤマハ音楽振興会など音楽教室の運営などをする249事業者・団体は20日、教室での演奏から著作権料を集める方針を決めたJASRACを相手に、東京地方裁判所に訴えを起こしました。「教室での演奏は教えることが目的で、著作権は及ばない」としています。
立憲主義
個人の権利や自由を守るため、憲法により国家権力を制限すべきだという考え方。法律は国民が守らなければいけないルールですが、憲法は権力を制限するものとされます。文部科学省は21日、2020年度以降に導入される小中学校の学習指導要領のねらいを説明する「解説」を公表しました。中学校の公民では立憲主義の考え方とともに、憲法改正の国民投票の手続きが法律で定められていることについて教えることを初めて明記しました。解説は、授業や教科書編集の参考にされます。
将棋のタイトル
現在は「竜王」「名人」「王位」「王座」「棋王」「王将」「棋聖」の七つ。5月に「叡王」がタイトルに昇格し、八大タイトル戦となりました。もっとも歴史の古いのが「名人」。おもに新聞社が主催しています。藤井四段が29連勝を達成した竜王戦は、1988年にそれまで実施されていた「十段戦」にかわって新設されました。優勝賞金は4320万円で、将棋界最高です。
香港返還
1842年から150年以上イギリスの植民地だった香港は、返還交渉の末、1997年に中国に返されました。その際、香港は引き続き50年間は、特別行政区として資本主義を採用し、社会主義の中国とことなる制度を維持することが約束されました。7月1日で返還から20年。香港では中国と距離を置こうとする動きが広がっています。

 

太平洋戦争(第2次世界大戦)末期の沖縄戦の戦没者らに祈りをささげる「慰霊の日」(6月23日)をむかえ、沖縄県南部の糸満市にある平和祈念公園で追悼式があり、多くの人が犠牲者をいたみました。翁長雄志知事や安倍晋三首相らが参列。翁長知事は平和宣言で、沖縄県宜野湾市にあるアメリカ軍(米軍)普天間飛行場を名護市辺野古へ移設する工事を進める政府を「民意をかえりみず工事を強行している」と強く批判しました。

沖縄をテーマにした出題は入試の定番になりつつあり、よく出るテーマの一つといえます。基地問題では普天間飛行場や辺野古の位置を必ず確認します。沖縄にある米軍施設の面積が、日本国内にあるすべての米軍施設の面積に占める割合(約74%)もおぼえます。

「世界一危険な基地」ともいわれる普天間飛行場の問題点もチェック。「周辺に学校や住宅などが密集しており、米軍機やヘリコプターによる騒音や墜落の危険性がある」などと理由をおさえます。プロペラの向きをかえることでヘリコプターのような上下の動きや、飛行機のような高速飛行ができる米軍の輸送機「オスプレイ」もポイントの一つです。

基地問題に関連しておさえておきたいのが、1951年に結ばれた日米安全保障条約。米軍が日本に駐留することなどが定められています。同時に調印されたサンフランシスコ講和(平和)条約も重要です。沖縄と奄美群島、小笠原諸島はアメリカが統治することなどが定められました。奄美群島は53年、小笠原諸島は68年に返還されましたが、沖縄の返還が実現したのは72年でした。

【朝日小学生新聞2017年6月19日~2017年7月3日掲載】