ニュースのことば 12月のまとめ

20160915_04

認可外保育施設
保育士の数など国の設置基準を満たし、自治体が認めた「認可保育所」に対し、自治体へ届け出れば開設できる保育施設のこと。厚生労働省(厚労省)によると全国で8038か所(2015年3月)あります。
厚労省は自治体に年1回の立ち入り調査を求めています。朝日新聞によると、調査の実施率は東京都が13%と最も低いです。神奈川県41%、愛知県45%、埼玉県95%とばらつきがありました。
赤字国債
国の歳入(収入)が足りないときに、借金で穴埋めするために発行する国債の一つ。国の仕事にかかる費用は税金だけでまかなえないため、借金で不足分を補います。
2016年度の税金収入が当初の見こみよりも減りそうで、政府は赤字国債を1兆9千億円ほど追加発行します。年度途中で発行を増やすのは7年ぶり。秋にかけて進んだ円高で、企業のもうけが減ったことが影響しています。月内に閣議決定(政府全体の合意のこと)する補正予算案にもりこみます。
北方領土
北海道の北東にある択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の北方四島のこと。第2次世界大戦の終戦まぎわの1945年8月9日、ソビエト連邦(今のロシア)が中立条約をやぶって日本に対して参戦し、終戦後の9月初めまでに北方四島を占領しました。
日本は北方領土は日本固有の領土なので、返してほしいと求め続けています。しかしロシアは、第2次世界大戦の結果として北方四島がロシアに移ったと主張しています。
もんじゅ
ウランとプルトニウムを燃料に、消費した以上のプルトニウムを生む高速増殖炉。福井県敦賀市にあります。1995年のナトリウム漏れ事故以降はほとんど動いていません。
もんじゅの廃炉が21日、政府の原子力関係閣僚会議で正式に決まりました。文部科学省によると、廃炉は来年度から準備を始め、30年後の2047年度に終了させる計画。費用は最低でも3750億円とみられます。
米軍北部訓練場
沖縄県東村、国頭村にまたがるアメリカ(米)軍の基地。沖縄の負担を減らすため、1996年の日米特別行動委員会で、約半分(4千ヘクタール)の返還が決まりました。代わりに、東村にはヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)が建設され、自然破壊や騒音問題などを心配する人らが反対運動を続けていました。
ヘリパッドは完成。22日、北部訓練場の約半分が返されました。
フェーン現象
しめった空気が山をのぼるときに気温が下がって雨が降り、斜面をおりるときには空気が乾燥し、気温が上がる現象。もとはヨーロッパのアルプスを吹き下ろす風に対して使われました。
乾燥しているときに強い風が吹くと、火災時に火が燃え広がるおそれがあります。新潟県糸魚川市では22日正午までに20度近くまで気温が上昇。となりの新潟県上越市では湿度が40%台と乾いていました。
「慰安婦少女像」
慰安婦を象徴するものとして韓国などに設置された像のこと。韓国の市民団体などによって設置され、去年12月末には釜山の日本総領事館前にも設置されました。慰安婦は、戦争中に軍人らの性の相手をさせられた女性のことです。
菅義偉官房長官は6日、釜山での少女像の設置に対抗するため、日本の駐韓大使と、釜山総領事を一時帰国させることを決めました。像の設置に対し、日本政府は韓国に抗議していましたが、韓国政府は事実上、黙認しています。
国連事務総長
国際連合(国連)の主要機関の一つである事務局のトップです。任期は1期5年。国連憲章は、事務総長は安全保障理事会(安保理)の勧告に基づき、総会が任命すると定めています。
1日に第9代国連事務総長に就任したアントニオ・グテーレスさん(67歳)=写真=が3日、アメリカ・ニューヨークにある国連本部に初登庁しました。世界各地で起こっている紛争や気候変動などに力を入れていく考えです。
大発会
証券取引所で行われる新年最初の取引のことです。基本的に毎年1月4日に行われます(土日が重なった場合は、次の営業日)。取引が活発になるよう願って、関係者が「手締め」をします=写真。
今年の大発会は4日に行われました。日経平均株価は前年末の終値より184円31銭高い1万9298円68銭で始まり、一時、400円以上値上がりしました。

 

 ■基地問題でゆれる沖縄
「辺野古、埋め立て工事再開」だけでなく、12月は沖縄のアメリカ軍(米軍)をめぐって大きな問題がおきました。米軍の新型輸送機オスプレイが沖縄県名護市の海岸近くで着水をこころみて大破。開発段階で事故が相つぎ、オスプレイは安全性が不安視されていました。米軍は「機体自体に問題はない」として事故から1週間たらずで飛行を再開。容認した国に対し、沖縄では反発する声が上がりました。

入試にむけて、沖縄にある普天間飛行場や辺野古の位置を確認します=「おさらいジャンケンポン」の地図を見てね。沖縄にある米軍施設の面積が、日本国内にあるすべての米軍施設の面積にしめる割合(約74%)も大事です。

基地問題に関連しておさえておきたいのが1951年に結ばれた日米安全保障条約です。米軍が日本に駐留することなどが定められています。同時に調印されたサンフランシスコ講和(平和)条約も重要。沖縄と奄美群島、小笠原諸島はアメリカが統治することなどが定められました。奄美群島は53年、小笠原諸島は68年に返還されましたが、沖縄の返還は72年でした。
二酸化炭素は石油や石炭などを燃やすことでも発生します。産業革命以後の人間の活動で、大気中の温室効果ガスの濃度が上昇、より多くの熱が閉じこめられた結果、地球全体の平均気温が上がりました。

歴史では15世紀ごろからの歩みに注目。琉球王国は明(いまの中国)や日本などとの交易で栄えました。しかし、倭寇(中国や朝鮮半島の沿岸をあらした海賊)の進出などで東南アジアでの交易のあり方がかわると次第におとろえ、江戸時代のはじめには薩摩藩に攻められて支配されました。

近代になると明治政府が「琉球は日本の領土」と主張し、1879年に沖縄県を設置(琉球処分)。太平洋戦争末期にははげしい地上戦があり、ひめゆり学徒隊と呼ばれる女子学生らも動員されました。

【朝日小学生新聞2016年12月19日~2017年1月9日掲載】