中学受験 本番までの1年 流れをおさえて合格を手に

来春の中学入試に向けて、4月から6年生になる受験生は気持ちを新たにして、これからの1年を過ごしていきます。どの時期にどのようなことに取り組むのでしょうか。本番までの流れをまとめました。(編集委員・大島淳一)

入試までの道のりを「前半」「夏休み」「後半」「直前」に分けてみましょう。下のイラストを参考にしてください。

前半|基礎固めに集中

前半は、いまの時期から夏休みが始まる前まで。勉強では基礎を固めることがいちばんの目標になります。夏以降に難易度が高い演習に取り組むための「土台」をつくります。

たとえば国語の場合、まずは5年生までに教わった漢字を復習。本番の入試で知識分野の出題を取りこぼすと、残念な結果につながりかねません。後回しにしないで、こつこつと積み重ねます。

算数はこれまでに受けたテストを見直し、点数が伸びなやんでいる単元や分野をチェック。なかでも「比」を苦手にしている場合は、はやめに取りかかります。「速さ」や「図形」をはじめ、入試でよく出る分野の問題を解くときに「かぎ」になるからです。

どの学校を受験するか、志望校選びも忘れてはなりません。とくに第1志望校は夏休み前をめどに、ある程度しぼりこみます。「その学校を選んだ理由」「その学校で力を入れたい勉強」を見すえ、家族でよく話し合い、説明会にも足を運んで校風や教育の中身を確認します。

夏休み|弱点の補強に重点

夏休みは自分の弱点を見つけ、その克服に力を入れます。そのままにしておくと、秋から本格的に取り組む過去問(実際の入試問題)の演習で、力を高めていくのがむずかしくなる心配があります。

夏期講習が始まると時間をやりくりするのが大変で、手がまわらなくなりがちです。「この日は弱点対策の勉強にあてる」などと、あらかじめ計画にもりこむのがおすすめです。

後半|応用力をアップ

後半は9月から冬休み前まで。志望校を念頭において応用力を高める時期になります。

勉強の柱の一つが過去問の演習。志望校の出題傾向をとらえ、よく出る単元のうち、弱点と感じる部分を集中的に補強します。

模擬試験(模試)を受ける機会も増え、月に1、2回程度のペースになります。成績表には単元別の正答率がのっています。全体の正答率が高いのに得点できなかった問題は、まちがえた理由を明らかにしたうえで、必ず解き直します。

こうした勉強に取り組みながら、実際に受験する併願校も決めます。模試の成績の推移や過去問を解いたときの手ごたえ(相性)なども選ぶときの材料になります。

直前|体調管理を優先

直前は、冬休みから入試本番まで。実際の試験時間に合わせて過去問を解くことが勉強の中心になります。自分の解答を見直す時間をもりこんだり、得点すべき問題を見きわめたり、より本番を意識した演習に力を入れます。

なによりも重視したいのが生活のリズムを守り、体調を整えることです。本番まであと数日という時期になったら、使い慣れたテキストで知識分野を確認するなど、おさらいの勉強に集中します。

【朝日小学生新聞2018年3月18日 掲載】