受験期間中の過ごし方 モチベーションどう保つ

本格的な受験シーズンをむかえています。すでに受験してうまくいった人も、そうでなかった人もいるでしょう。受験期間中、どうモチベーション(やる気)を保ったらいいか、栄光ゼミナール入試サポート部の山中亨さんに聞きました。これから受験をひかえている人にも役立ちます。(寺村貴彰)

前向きな声かけがやる気に

子どものモチベーションを一番左右するのは「親」です。声のかけ方一つで、大きく変わってきます。親はどうしても結果だけに目がいきがちです。万が一うまくいかなかったときに、「どうしたの?」「何でこうなったの?」と聞くと、子どもは落ちこんでしまうでしょう。

親は一歩引いて、「計算でまちがえた」「文章題で落とした」など原因をきちんと分析したうえで、子どもにたずねてください。原因について共通認識が生まれ、子どもの気持ちが楽になります。

合格したら、「本当によかった」という気持ちを親子で持って、次につなげてください。残念な結果なら、いっしょに理由を考えてください。

どんなに成績が優秀な子でも、最初の試験でつまずく場合があります。中学校の会場で模擬試験(模試)を受けていても、本番は独特な雰囲気で、空気にのまれてしまうことがあります。子どもの性格を理解し、そういうことが起こりうると大人が織りこんでおいてください。

不合格になると、落ちこむ子が多いでしょう。そんなときに家族みんなで話し合ってしまうと、「自分の失敗はこんなに重かったのか」と余計にプレッシャーになります。塾に通っている場合は、塾の先生に聞いてみるとよいでしょう。先生は同じような子どもを毎年見ています。どうやって接すればいいか、知っている場合が多いのです。家庭では、いっしょにいる時間が長い分、声をかけるのが難しいこともあります。

「目的地」を意識しておく

入試に出た問題は解き直したほうがいいと思います。特に時事問題は、似た問題が出る可能性が高いためです。答えを知っていたほうが気持ちが楽になります。

受験スケジュールは、うまくいっているとき、つまずいたとき、という複数のパターンを考えておいてください。インフルエンザにかかるなど、「最悪の場合」を想定して準備しておく必要があります。第1志望は変える必要はありませんが、第2志望以下を調整する必要はあるでしょう。最近ではネット出願が広がっているので、直前まで受けつけている学校もあります。保護者は事前に調べておくとよいでしょう。

また、必ず今の「目的地」を意識しておくことが大切です。例えば、第1志望校の受験の前に「合格」を手にしたとしても、自分がもともと行きたい学校があることを見失ってはいけません。合格したことで満足してしまうと、モチベーションを保つのが難しくなってしまいます。第1志望校のパンフレットをかばんにしのばせておくなど、方法はたくさんあるでしょう。

本番までは、健康管理とともに、日ごろと同じように過ごすことが、子どもにとっても親にとっても大事です。妙な緊張感を持つこともなくなりますよ。

【朝日小学生新聞2018年1月14日 掲載】