時事問題 そろそろ目配り 世の中の動きにアンテナ

20161110b_01

来春の中学入試にむけ、本番をイメージした勉強に取り組む時期がきました。社会はもちろん、理科でも出題される時事問題の対策もその一つ。出題例を挙げながら、勉強するときのポイントを解説します。(編集委員・大島淳一)

関連する学習内容を出題

2016年度の入試でよく取り上げられたテーマが「選挙権年齢の引き下げ」。選挙にかんするルールを定める公職選挙法が改められ、投票できる人の年齢が「満20歳以上」から「満18歳以上」になりました。改正公職選挙法が成立したのが去年の6月だったことから、今春の入試で出題する学校がありました。

時事問題は大きく分けると二つの出題パターンがあります。一つはニュースについて、主人公にあたる人物の名前やポイントとなる数字を直接問うパターン。選挙権年齢の引き下げの場合、「(満)18歳」と答えさせる学校がめだち、東京・駒場東邦中や京都・京都女子中、大阪・関西大学第一中などが出しました。

こうした出題は受験生が世の中の動きに関心をもち、ふだんからアンテナをはっているかどうかをみるねらいがあります。

もう一つはニュースを入り口に関連する学習内容を問うパターンです。選挙権年齢の出題では東京・武蔵中の問題が典型的な例。「有権者数のうつりかわり」をテーマに掲げ、1925年に選挙にかんする法律が改正されて有権者の条件がどうかわったか(納税額による制限がなくなり、満25歳以上のすべての男子にあたえられた)、1928年よりも1947年の有権者が多い理由は何か(満20歳以上のすべての男女に選挙権があたえられたから)などを記述させました。

最近の時事問題はこうした出題が主流。ニュースに関心をもつだけではなく、ふみこんだ勉強が求められます。学習内容に応じて、上のような図をまとめておくのが大事です。

20161110b_02

多角的な見方を

一つのニュースがさまざまな角度から問われるのが時事問題。「北海道新幹線の開業」(16年3月)を例にポイントを紹介します。
まずは東京駅を起点とし、東北新幹線を経由して新函館北斗駅(北海道)につくまでに通る都道府県を確認します。

北海道の特色もチェック。都道府県別の面積は一番広く、日本全体の20%以上を占めます。人口は約540万人。気候はおもに冷帯に属します。北東にある知床はユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界自然遺産に登録され、その近くにはロシアとの領土問題をかかえる北方領土があります。

大事なのがアイヌ民族。古くから狩猟や漁で生活していた先住民族です。明治政府による北海道の開拓が進むと土地などをうばわれ、生活が圧迫されました。

地理的事項はもちろん、国際的な問題や歴史的な出来事に視点をむけることが対策の第一歩です。

20161110b_03【朝日小学生新聞2016年9月18日 掲載】