漢字は熟語や例文ごと習得

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

漢字は熟語や例文ごと習得

「漢字の勉強」といえば、たくさん書いて覚える勉強をイメージする人も多いでしょう。漢字って奥が深いので、ほかにもいろんな角度から勉強すると、理解が深まって、おもしろくなってきます。

今回紹介するのは、実際にうちの塾で取り組んでもらっている勉強法です。やり方はかんたん。まず学校や塾で漢字を学んだ時、その漢字を使った熟語や例文を辞書やネットで調べてノートにまとめます。一つの漢字につき、五つ調べるのが目安。まとめ終わったらノートを閉じて、漢字だけを見ながら5分間で、調べた熟語と例文を思い出せるだけ書いてください。

熟語や例文をたくさん覚えることで、漢字の意味がつかめるようになり、漢字自体も覚えやすくなります。また、初めて見る言葉でも、意味を予想しやすくなるのです。読解力にもつながるこの勉強法、ぜひ試してみてください。

【朝日小学生新聞2022年9月30日 掲載】