毎日の服選びで決断できる人に

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

毎日の服選びで決断できる人に

その日着る服を、お母さんやお父さんに用意してもらっている人もいるかもしれませんね。そんな人は、明日から自分で着る服を決めてみませんか。

服を通して暮らしに生かす力を養うことは「服育」といわれますが、実は着る服を決めるのって、意外と頭がきたえられるのです。まず、チェックするのは天気予報。気温を見て「暑そうだな」と思ったら半そでを選んだり、日差しが強そうなら、ぼうしを準備したりしなければなりません。

予定もチェック。運動するならスカートではなくズボンにしたり、汗をかいたとき用にタオルを準備したりと、場面を想像する必要もあります。このように、考えなければいけないことがたくさんあるのです。

服を決めることをくり返せば、いろいろな情報を考えて決断する力がきたえられます。決断力に自信がない人は、毎日の服選びから訓練してみては!?

【朝日小学生新聞2022年8月5日 掲載】