音読は言葉の理解に効果的

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

音読は言葉の理解に効果的

国語の宿題や授業で、声に出して読む「音読」をしたことってありますよね。「なんで音読しないといけないの?」と疑問に思っている人もいるかも。実は、文章の意味を理解するためにとても重要なのです。

考えてみてください。みなさんは赤ちゃんのころ、どうやって言葉を学んだのでしょう? おそらく耳で聞いた言葉をまねして言葉を学んだはず。そもそも耳から学んだものなので、耳で理解するほうが自然といえるでしょう。

のように重要な音読には、いくつかコツがあります。その一つは、言葉と言葉をつなげる「が」「を」「に」「で」「と」などで区切って読んだり、強めに読んだりすること。言葉と言葉をつなげるひらがなを意識することで、単語の意味などが、すっと頭に入ってくるようになるのです。国語の力をつけたい人は、上手に音読することにチャレンジしてください。

【朝日小学生新聞2022年7月15日 掲載】