目? 声? 体? 何で覚える?

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

目? 声? 体? 何で覚える?

みんなと同じやり方で覚えようとしても、なかなか覚えられない――。こんなふうに悩んでいる人はいませんか。それもそのはず目で見て覚えるのが得意な人もいれば、声に出して読むと覚えられる人もいるなど人それぞれ。自分にあったやり方を見つけることが重要なのです。

漢字を例に三つ覚え方を紹介します。一つ目は、お手本を見て覚えてから、お手本をかくして何回も書く方法。目で覚えるのが得意な人におすすめです。

二つ目は、「いーち、にーい」のように書き順を声に出しながら書く方法。声に出して覚えるのが得意な人に向いています。

最後は、手を大きく動かして空中に書く方法。体を動かして覚えるのが得意な人は、ぜひ!

自分がどの方法が得意なのかは、試してみないとわかりません。「覚えるのが苦手……」と悩んでいる人がいたら、いろんな方法を試して、自分なりの覚え方を探してみてくださいね。

【朝日小学生新聞2022年6月17日 掲載】