ふくろづめで図形に強くなる

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

ふくろづめで図形に強くなる

スーパーなどで商品を買ったとき、マイバッグやレジぶくろに入れますよね。店員さんや保護者がふくろにつめていくのを見て「手際がいいな」と思ったことはありませんか。実は、あのふくろづめ、図形のセンスをきたえるのにピッタリなのです。

うまくつめるコツは、形に注目すること。平たいものは下にする、細長いものは後で入れる、など形によって入れる順番をかえることが重要です。また、あいているスペースに何が入るか、どこに何を入れたら全体のバランスが整うか、も考えながら入れると、立体をイメージする力がきたえられます。

買い物についていったとき、ふくろづめを手伝うと、力になれるうえに図形のセンスもみがかれて一石二鳥です。保護者はさらに、重さが一方にかたよらないか、冷たいものと温かいものが接していないかも気をつけているかも。初めはアドバイスをもらいながらつめてみては!?

【朝日小学生新聞2022年6月17日 掲載】