タイムラプスで自分を見守る

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

タイムラプスで自分を見守る

タイムラプスって聞いたことはありますか。早送りのような動画が撮影できるスマホやタブレットのカメラの機能です。最近、中高生の間で、この機能を使って自分の勉強しているようすを撮影することが、はやっています。なぜでしょうか。

自分ひとりで勉強するより、だれかに見てもらっていた方が、がんばれることってありますよね。それと同じ。タイムラプスで撮っていると、「だれかに見られている!」という緊張感があり、集中できるのです。

また、撮った動画を見返すと、早送りの分、がんばって見えるので、達成感がありますよ。勉強している自分とともにアナログ時計も撮影すると、針の動きでどれだけ時間がたったのかがわかって楽しさアップ!

撮影中、ぼーっとしていると、早送りの画面がピタッと止まってかなり目立つので、全力集中。休日に家族のスマホやタブレットを借りて挑戦してみては!?

【朝日小学生新聞2022年3月25日 掲載】