本気で予想 おどろきが効果的

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

本気で予想 おどろきが効果的

「パブロフの犬」の実験って知っていますか。まず犬にベルを鳴らしてから、エサをやることをくり返します。すると犬はベルが鳴っただけでエサが出てくると思いこみ、よだれをたらすようになるという実験で、科学者の名前から、こう呼ばれます。ベルが鳴ってエサがもらえたら、意味がわからなくてビックリですよね。実は、おどろくことが学習に影響するのです。

予想とちがうおどろきがあると、いろいろなことが覚えやすくなります。例えば、理科の実験。学校の授業では予想を立てますが、できるだけ本気になって考えてみましょう。本気で立てた予想なら、ちがったときにはおどろいたり、くやしかったりして記憶に残ります。予想どおりなら、次に出題されても正解できるでしょう。

理科の実験以外でも、先生が次に何を黒板に書くのかなどを予想して、授業を受けてみても面白いかもしれませんよ。

【朝日小学生新聞2021年11月26日 掲載】