ネガティブ思考でチームを強く

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

ネガティブ思考でチームを強く

失敗したらどうしよう、周りの人に悪く思われていないかな……と、ついつい後ろ向き(否定的)なことを考えてしまうことを「ネガティブ思考」といいます。このようなネガティブ思考になやんでいる人、結構いるのではないでしょうか。

でも、悪いことではありません。たとえば話し合いのときに強みになるそうです。アメリカとオーストラリアの大学の研究によると、ポジティブ思考(何でも前向き)の人だけのチームよりも、ネガティブ思考の人もいるチームの方が、創造性が高くなるそうです。ポジティブな人は一つのことを気にしすぎず、柔軟にいろいろなことを考えられます。一方、ネガティブな人は「本当にだいじょうぶかなぁ?」と一つのことを徹底的に考えぬくことができます。チームで話し合うときには、どちらも大切ですね。

ネガティブは強み。あなたらしさを大切にしてくださいね。

【朝日小学生新聞2021年10月15日 掲載】