「集中顔」づくりから始める?

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

「集中顔」づくりから始める?

「真剣に集中しているときの顔」と聞くと、どんな顔をイメージしますか。眉間にしわを寄せたり、一点をじっと見つめたり……、そんなイメージがあるのではないでしょうか。逆に、にこにこしていたり、目がきょろきょろしていたりする顔を「真剣に集中している」とは思いませんよね。実はこの「集中顔」を使って、集中力を高める方法があるのです。

それは、集中していなくても集中しているような真剣な顔をつくること。アメリカのある大学の研究を紹介しましょう。真剣な顔を見せられて同じような顔をしたグループと、とくに何もしないグループに分けて、5分間パズルを組み立ててもらいました。すると、真剣な顔をしたグループの方がたくさんパズルをはめられたそうです。

「うまく集中できていないな」と感じたら、真剣な表情になってから勉強すると、いつもより集中できるかもしれませんよ。

【朝日小学生新聞2021年9月17日 掲載】