1回の充電を計画的に使う

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

1回の充電を計画的に使う

タブレットなどで遊びすぎてお父さん、お母さんにおこられてしまったり、宿題をする時間が無くなってしまったり……。タブレットなどとのつきあい方って難しいですよね。みなさんもできれば、おこられたくないし、宿題も計画的に終わらせたいはず。おすすめは、充電の回数を決めてしまうことです。

たとえば「タブレットの充電ができるのは週に1回」のように決めて、保護者に充電器を預かってもらうのです。充電できる回数が決まっているので、好きなだけ遊んでいると1週間の終わりごろは全然遊べなくなるし、勉強するため何かを調べようと思っても調べられません。

充電のパーセントを見れば、このペースだと、いつごろ充電が切れるかもわかるので、自然と計画的に遊ぶようになります。これからの時代、タブレットやスマートフォンはさらに身近になります。いまのうちに適度な使い方を身につけましょう。

【朝日小学生新聞2021年9月10日 掲載】