模様がえで頭をフル回転

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

模様がえで頭をフル回転

みなさん、「模様がえ」ってしたことはありますか。たんすや机などの場所をかえたり、カーペットを冬用から夏用にしたりすることを、部屋の模様がえといいます。家具の場所がかわるだけでも気分転換になってスッキリ! 体力だけでなく、頭も使わないとできないのです。

なぜならば、家具をどこに置くと便利か、何と何を入れかえるか、など考えることがたくさんあるから。中でも難しいのが、家具をどのスペースに置けるかを考えることです。家具の大きさや向きをイメージして、スペースに置けるかどうか見極める力が必要です。頭の中で家具をイメージすることで、空間を考える力がきたえられます。

さらに、家具を動かす順番も考えないと、動かしにくくなってしまいます。どの順番で動かせばよいか考えることで、計画力も身につくのです。家族の力も借りながら、気分転換に試してみてください。

【朝日小学生新聞2021年7月16日 掲載】