すぐ? 大事? やることを4分割

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京・京都・大阪で運営。勉強法についての著書多数

すぐ? 大事? やることを4分割

習いごとや学校の宿題、ゲーム……やらなくてはいけないことや、やりたいことがたくさんあってやりきれない――こんなときは、一度立ち止まって、整理して、優先順位(大事な順番)をつけることが重要です。

やり方は簡単。まずは、ふせんにやることを書き出します。次に、大きめの紙に十字に線を引いて四つのゾーンに分けます。上の二つはすぐにやらないといけないこと、右の二つは自分にとって大事なことをはるゾーンです。右上は大事で、しかもすぐやらなければいけないこと、つまり一番優先順位が高いものです。たとえば習い事や宿題ですね。また、ゲームやまんが、友だちとの遊びなどは、大事だけど急ぎではないので右下にはります。

優先する順番は、右上→右下→左上→左下がよいでしょう。優先順位をつけられると、やりたいことにうまく時間を使えるようになりますよ。

【朝日小学生新聞2021年6月25日 掲載】