「やらない」なら守れるかも

しみず・あきひろ
東京大学教育学部、同大学院で学ぶ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京と京都で運営。勉強法についての著書多数

「やらない」なら守れるかも

「学校から帰ったらすぐ宿題!」のようにやることを決めても、ちゃんと守れなくて困っている人は多いのでは!? やることを決めてダメなら、やらないことを決めてみましょう。

家に帰ってすぐに勉強できないのは、ゲームをしたり、漫画を読んだり、ほかにしていることがあるからですよね。それを「お預け」するのです。

たとえば「家に帰ったらすぐ宿題!」ではなく、「家に帰ったら30分はゲームしない!」のようにです。やらないことを決めるだけではなく、お母さんにゲームを預かってもらうなど、やらないためのルールを自分から考えられるとバッチリです。取り上げられるより、ずっとマシですよね。

中学や高校に進んだら、スマートフォンやタブレットと上手につき合っていく必要が出てくるでしょう。小学生のうちに、自分でルールづくりをする練習をしてみましょう!

【朝日小学生新聞2021年6月4日 掲載】