塾選びがポイント

藤田智子さん (奈良・東大寺学園中に進学予定、倫平くんのお母さん)

塾選びがポイント

息子は小さいころから、あれこれうるさく言われることがきらいなタイプです。ガリガリ勉強させ、宿題提出は必須――そういう塾では続かないと考え、四つの塾の説明会に出かけて合う塾を探しました。

息子が4年生の4月、長女が受験をへて中学に入りました。それを見て、自分も受験したいと思ったようです。少人数でアットホームな塾に11月から通い始めました。

塾がいやだと言ったことは一度もありませんでした。授業中に口をはさんでもおこられず、自由な雰囲気だったようです。帰りに先生が塾の最寄り駅まで送ってくれたときに聞いた話を「こんなタイプの女の人が好きなんやて」「焼き肉食べに行ったって」などとうれしそうに報告。学校にいないタイプの友人もでき、楽しそうに通っていました。

基本演習をしたがらないことに困って、食べ物でつったこともあります。「次のテストで算数の大問1(基本問題)が満点だったら、おすしを食べに行こうね」と言うと「よっしゃー!」とノリノリ。家ではこつこつ勉強する姿は見られませんでしたが、塾の授業では集中し、演習もしていたようなので、塾に任せようと思っていました。

口を出したのは6年生の冬休み。模擬試験の判定が悪く、「落ちたらどうしよう」と不安をおさえられませんでした。横について「次はこれをしよう」と課題をあたえ、休憩が長引くと「ほら、もう次やるよ」と時間を意識させました。息子は強くは反発しませんでした。言い過ぎてはいけない、でも、落ちてはいけない。これでいいのか――と自問自答する日々でしたが、前向きな息子に支えられ、明るく楽しい受験生活をキープしました。

【朝日小学生新聞2017年3月12日 掲載】