受験生、今月やること 「正念場」の夏へ足場固め

夏休みが近づいてきました。中学受験を考える6年生にとって、夏休みは「正念場」と言われます。今のうちから何をすべきなのか、夏はどう過ごしたらよいのか、臨海セミナー中学受験科環八ブロック長の岸本拓哉さんに聞きました。(今井尚)

目標の再確認と現状の把握

夏を有意義に過ごすために必要なことは「目標の再確認と現状の把握」と岸本さんは言います。

何のために勉強しているのだろう……。目標を見失ったままだと、漠然とした不安ばかりが広がり、何を努力したらよいか分からなくなりがちです。

目標をしっかり持つためにおすすめなのが、志望校を見に行くことです。校門の前で写真を撮り、入学したら何をしたいのかも書きそえ、机の前に貼るなどして、ときどき見返すとよいと言います。「4、5年生におすすめですが、6年生でもおそくありません」

一方、自分の現状を知るには模擬試験(模試)が役立ちます。

模試では志望校を記入するとき、「『チャレンジ校・(実力相応の)適正校・(合格が見こまれる)有望校』をバランスよく書くことをおすすめします」。同じくらいの偏差値の学校ばかり書くと、似たような合否判定ばかりが出て参考になる部分が少ないからです。

長い夏は、計画を立てて過ごすことが特に重要。何時に起きて、朝は何を学習するのか、塾から帰ってきたら何をするのかも、あらかじめ決めましょう。「毎日同じ習慣を続けることが大事です」

休みの取り方も大切です。夏休み前は、放課後に学校の友だちと遊ぶなどフリーの時間をつくるのもいいでしょう。「そのかわり勉強は毎日してほしい。1日丸々休んでしまうと、勉強したことが抜けてしまう」と言います。

夏休みは、「基礎をしっかり見直す期間。志望校の出題傾向に合わせた演習は9月以降」と岸本さん。近年の出題傾向として「難問・奇問は減り、そのかわり幅広い範囲からさまざまな問題が出るようになってきた」と分析します。基礎が、より重要になっています。

親は体調、精神面のサポートを

中学受験は「親子の受験」とも言われますが、岸本さんは「親の役割は、体調管理と精神面でのサポートをメインにしてほしい」とアドバイスします。

熱中症や食中毒が心配される時期なので、体調管理に気を配りましょう。

また精神的なケアは「ほめる」ことが基本です。「100点を取ったら、家族みんなでほめたり、小さな表彰状をあげたり、みんなでその子の努力を認めることが大切です」

受験を終えた子に聞くと、ふとしたときに「おまえならできるから」と言われたことや、入浴中に「がんばってるね」と言ってもらったことが「よかった」と答える子がいます。大人が見落としがちな何げない言葉に、受験生を勇気づける大切なコミュニケーションがあります。

受験に必要な力は「学力・気力・自立力」と岸本さんは考えます。親が一から十まで学習を支えても、その子の力にはなりません。特に6年生は精神的に大きく成長する時期。絶妙な距離感を保ちながら関わらなければなりません。「ずっと横にくっつくようなことはせず、見守るくらいがちょうどいいです」

【朝日小学生新聞2019年7月5日 掲載】