受験生、今月やること 苦手克服の最後のチャンス

さあ、受験生にとって、勉強がより本格化する秋の始まりです! 9月をどう過ごしたらよいか、栄光ゼミナール教務部の山中亨さんに聞きました。(今井尚)

10月までに穴をうめる

この夏休み、6年生は夏期講習などで穴(弱点)を見つけ、それをうめる学習をしてきたことでしょう。いかがでしたか? もし完璧に弱点を復習し克服できたのであればベストですが、やはりまだまだ穴があるのではないでしょうか。

9月以降の秋の早い段階は、夏にうめきれなかった穴をもう一度うめることができる最後のチャンスです。ただ学校が再開するため、夏休みのように昼間の時間が使えません。10月までかかって終わらせるという気持ちでよいので、必ず穴をうめておきましょう。

9月の下旬から12月ごろまで、毎月少なくとも1回は模擬試験(模試)を受けるようになります。これらによって、いままでの学習のペースと、少しちがったリズムになっていきます。これから入試までに起こりうることを、前もって把握し、「その時どうするか」について、保護者と相談しておきましょう。

例えば模試を受けた後にもどってくる「結果」について。結果を見るだけでなく、まちがえた部分を必ずすぐに解きなおすなど、各家庭でルールをいまのうちから決めておきます。

学習計画は家族で共有

スケジュールの把握やルールづくりは、子どもだけ、あるいは保護者だけではなく、家族全体で取り組み、共有しておくことが大切です。中学受験は子どもだけでなく母または父との「二人三脚」、あるいは両親をふくめた「三人四脚」などと呼ばれます。発達途上の子どもが臨む試験ですから、周りの大人がサポートし、伴走していくことが重要なのです。

この時期は、気持ちの面でも、いよいよ入試モードに切り替わっていくことでしょう。さまざまな不安をかかえ、おどおどしてしまうかもしれません。試験の得点だけにこだわらず、目標として決めている学校のパンフレットをながめるなど、あらためて目標を思い出してみるのもいいです。

5年生は学校見学

5年生にとっては、受ける学校を見定めるタイミングだと思います。6年生になると、いそがしくなります。説明会では在校生の姿がなかなか見られず、イメージをつかみにくいので、できれば機会を見つけて在校生の姿を見て、生活の様子を確認するとよいでしょう。9月に文化祭や体育祭を行っている学校もあります。

【朝日小学生新聞2018年9月7日 掲載】