受験生、夏休み中にやること 目標を明確にして「やる気に」

時間がある夏休み。「受験生は入試を意識した取り組みを始めましょう」と、SAPIX小学部教育情報センター本部長の広野雅明さんはいいます。夏休み中の勉強のポイントや心構え、体調管理のコツなどを教えてもらいました。(小貫友里)

入試を意識 形式に慣れる

塾の夏期講習がある場合でも、ふだんの学校がある時期に比べて自由な時間は多いはずです。「受験に必要なすべての教科の総復習をするとともに、入試を意識した学習を始めるといい」と広野さん。今のうちから出題範囲や問題の出し方など、実際の入試の形式に慣れることが大切です。

入試まで時間があり、これから実力がのびる今の時期は、志望校よりも難易度がやさしめの学校の入試問題(過去問)を使い、時間を計って解くことをすすめます。時間配分を意識しましょう。入試では時間内に解けなければ、できなかったのと同じ。時間をうまく使えるかが得点の差になります。

過去問で、自分の苦手分野を確認することもできます。問題を解いたら、まちがえたところを中心に復習しましょう。入試では記述式で答えさせる問題が増える傾向にあります。自己採点が難しい場合は、答案を塾の先生や保護者に見てもらうといいでしょう。

今年や、ここ数年に起きた出来事を題材にした時事問題を出す学校も多くあります。ふだんからテレビや新聞でニュースを確認しましょう。広野さんは、ニュースについてどう思うか、家族で話すといいとアドバイスします。「話し合うことで、単純に覚えるだけにならず、深く考え、調べるきっかけになります」

志望校が決まっていない人は、目標にする学校を考えて、家族で話し合う時間をつくりましょう。夏休み中、候補の学校に足を運んでみるのもおすすめ。学校見学日などでないかぎり、外からの見学になりますが、どんな校舎なのか、知ることができます。部活動の練習中の生徒がいれば、雰囲気もわかります。「目標が明確になると、ずいぶんと勉強に対する気構えが変わります」

保護者は、受験校の入試情報の収集を始めるようにしましょう。

体調管理をしっかりと

厳しい暑さが続いています。広野さんは塾の生徒に、こまめに水分補給ができるように水筒を持ち歩くことや、室内の冷房で冷えないよう上着を用意して塾に来ることをすすめています。健康でいるには早寝早起きして、しっかり睡眠をとることが大切。なるべく学校に通っているときと同じ生活リズムで過ごします。

4、5年生は、夏休みを利用して計算や漢字などの基礎力をつけるとともに、「苦手」をなくすようにしましょう。社会や理科では、忘れている分野がないか確認します。「6年生になって『受験モード』に入る前に、基礎を固めておくと強みになります」

【朝日小学生新聞2018年8月3日 掲載】