From西大和 「金閣寺」「銀閣寺」は本名じゃない!?

歴史上の建造物には、誤解や思いこみがつきものです。

奈良時代に建てられた奈良市の正倉院。世界遺産として有名ですが、正倉院の宝物は何ひとつ国宝ではありません。正倉院は国宝なのに、中の宝物は国宝じゃないんです。理由は、宝物は皇室の財産だからです。

神奈川県鎌倉市にある円覚寺舎利殿は、最近の研究で、別の寺院の室町時代の建物を移築したもので、鎌倉時代の建物ではないことがわかっています。

京都市にある鹿苑寺の金閣は、国宝ではありません。なぜなら、1950年に放火されて焼失したからです。ですから、金閣は室町時代の北山文化を代表する建物ですらありません。あえていうなら「室町時代風昭和建築」になります。

そして、京都市の慈照寺の銀閣。銀箔をはろうとしたが、足利義政の妻の日野富子の反対ではれなかった、なんて話は俗説です。もともと銀箔をはる計画はなく、江戸時代に金閣の対になる建物として銀閣と呼ばれるようになっただけ……といわれます。

金閣、銀閣は中学入試でも写真とともに「この建物は何ですか?」なんて聞く問題もあります。それぞれあくまでも鹿苑寺や慈照寺の建物の一つ。「鹿苑寺舎利殿」「慈照寺観音殿」と正式名で答えなくてもよいですが、「金閣寺」「銀閣寺」とは書かないでくださいね。そういう名前の寺ではないので、厳密にはまちがいになりますよ。

【朝日小学生新聞2020年4月3日 掲載】