From西大和 同世代の活躍から刺激

「今まで生きてきた中で一番幸せです」。オリンピックの競泳平泳ぎで金メダルを取った直後に、こう語る岩崎恭子さんの姿におどろきました。1992年のスペイン・バルセロナオリンピックのときです。今41歳の私は当時中学3年生で、1学年下の女の子の快挙に、自分も何か成しとげられるのではないかとはげまされました。去年引退した歌手の安室奈美恵さんには同じ学年というだけで親近感を持ち、彼女の歌にはげまされてきました。

同じ学年、同世代というだけで親近感を持ち、活躍にはげまされ、勇気をもらうことができる人があなたにはいますか?

全日本卓球選手権のジュニアでベスト8に入った小学5年生松島輝空さん、史上最年少で囲碁のプロ棋士となる小学4年生仲邑菫さんが話題となりました。そんな人たちは別格で、かなうはずがないと思う人もいるでしょう。本当にそうでしょうか? 卓球や囲碁ではかなわなくても、何か他のことなら自分も勝負できるはずだという気持ちを持ってほしいです。

どんな分野で勝負していくかを考えることは、自分の人生をどう歩むかにつながります。失敗したり、思うようにいかなかったりするときには、同世代で活躍している人から勇気をもらうことをおすすめします。そして、勝手にライバルにして、負けるもんかと思うことが自分をふるい立たせる糧となるはずです。

【朝日小学生新聞2019年2月1日 掲載】