From西大和 「バラエティーに富む教師陣」

20160907_2_1

今回は西大和学園の先生の話をしようと思います。まず、若い先生が多く活躍していることです。優秀な大学、大学院を卒業し、教員として生徒と日々熱く向き合っています。若さゆえのいたらないところもありますが、生徒と年齢が近い分、わかり合えることが多くあり、卒業後もきょうだいのような同志のような存在となります。

20160907_2_2一般企業に就職したのちに採用された先生もいます。生命保険会社や飲料メーカー、印刷会社など多業種にわたります。一般企業経験のある先生は、人への気づかいがきめ細かい人が多いです。時間や提出物の期限を守るだけでなく、一工夫したものを提出する、だれよりも一生懸命にそうじに取り組むなど、人と同じ仕事のやり方では評価されないという社会の厳しさを、生徒に伝えています。

そして、他校から本校に赴任してきた先生も多くいます。私もその一人で、前任校はいわゆる有名スポーツ校でした。そこで学んだことは、一流のスポーツ選手を目指す人は、スポーツだけでなく勉強や生活態度などすべてにおいて一流を目指すということです。そのころ教えていた生徒の中で、のちに陸上でオリンピック選手になった人がいますが、今思い返すと、高校時代もすべてにおいてしっかりしていました。
そんな前任校の経験を生かして、本校でも勉強だけでなくすべてにおいて手をぬかず一流を目指すよう伝えています。

【朝日小学生新聞2016年7月31日(日)掲載】