From灘  変容する自然現象の言葉

厳しい残暑が続きますが、気分だけでもすずしくなれるように時雨の話をしましょう。

時雨は晩秋から初冬にかけてくり返し降る通り雨です。俳句では初冬の季語として、自然界から彩りが消えていくイメージをともなうことが多いですね。みなさんの中にも、暗さやさびしさを連想する人がいるでしょう。

しかし奈良時代から江戸時代にかけての古典和歌では、特に古いものほど、時雨が木々を紅葉させるとよまれることが多いのです。暗さと結びつけた和歌も古くからありますが、時雨は本来、秋の彩りをもたらすイメージを強く持っていたと言えます。

古典和歌によまれた時雨は、厳密には「弱い冬型の気圧配置の時にできた雨雲が風で流されてきて降る雨」を指します。近畿地方中部や瀬戸内など、風上に比較的低い山が連なる地域でしか見られない特殊な雨なのです。

しかし近畿地方中部に住む貴族から全国の人々へと文学の担い手が広がるにつれ、日本海側で降る似たような通り雨はもちろん、原理も降り方も異なる太平洋側の冬の通り雨も時雨と呼ばれるようになりました。そこに時代による美意識の変化が合わさり、初冬の暗さやさびしさに焦点が当たる現在の時雨のイメージが作られたと考えられます。

ある地域に特有の自然現象から生まれた言葉や季節感が、時に変容しながら全国的に広まった例は時雨のほかにもあります。この秋は時雨と紅葉を待ちながら、言葉と自然の関係について考えてみてはどうでしょうか。

【朝日小学生新聞2020年9月4日 掲載】